日記/近況2009.03.09 02:05
待っているのだ。
此処に、スウェーデンに逃げ込んでじっと待っているのだ。私を利用しようと「友」と言う名の仮面を覆い近寄ってくる輩を振り払う為、「友」に化けて私を天秤に掛けている偽善者を振り払う為、じっと待っているのだ。私に残っているのは数少ない「親友」だけ。裏切る心算なら、私を駒として操る心算なら近寄らないで。だから私は今待っているのだ。私の「敵」が疲れ果てて私から離れて行くのを。
だからもう少しだけ此処に居させて。もうちょっと待たせて。

知ってる。
私も偽善者で穢れているって事。それがどうした。私は此処で別に友達をつくろうとも、誰かの暖かさに頼ろうともしなかった。唯、待っているだけ。穢れた手を誰かに差し出すようなバカな真似はしない。誰かを傷つける心算も無い。此処で出会った人達は多分帰ったらもう二度と会うことも無い人達だから、私なりに頑張って盛儀を尽くしている。それて充分ではないか。
私は嘘を吐き、「私」を演じ、綺麗事で人を騙した。そして得た物は傷一つの無い完璧な「平和」だった。
誰一人もその嘘で傷つく事も、作り上げられた私のせいで泣いた事も、私の綺麗事のせいで心を病んだ事も無かった。完璧で空っぽで虚ろな「平和」を手に入れる事が出来た。もう戻りはせん。戻れる事なんか出来ぬ。
でももう良いんだ。そんな事なんかどうでも良い。
此処は上辺だけの世界。実際していない世界。架空の世界。嘘の世界。
気が付いたら何も残っていない世界なのさ。
私は何れ此処を去り元の場所へ戻る。だったら此処での暮らしは嘘の様に無くなって、跡形も残らないのだ。だから此の侭で居られる。もう二度と、この場には足を踏み入れることなど無いだろう。
だからどうでもいい世界なのだ。

私は待っている。
ずっと待っている。

元の世界に「平和」が宿るよう。
待っているのだ。
Posted by Lynn*
TAG