'狡兎死して走狗烹らる'에 해당되는 글 1건

  1. 2009.06.01 烹される
Study/Essay2009.06.01 04:12
※また微妙なカテゴリ…でも、一応言葉の勉強ですから。


タイトルの意味が解らないと思いましたか?
当然です。日本語ではない言葉を無理矢理訳しましたから。
(Google検索結果:日本語版中央一報/Yahoo Japan検索結果:とにかく三つ全部韓国のサイト→でも三つ全部[「兎死狗される]とかでした。)

多分、韓国でも知らない人多いと思います(勘違い?)
私はその言葉を初めて聞いたのが高校3年生の時でした(韓国語:팽당하다)
…ってか今聞いても「やっぱりどこか可笑しいw」と思います。

俗語かも不明です。

その動詞(笑)の由来は多分「狡兎死して走狗烹らる」、韓国語では「兎死狗烹(或は狡兎死走狗烹)」だと思います。「烹」を辞書で探してみると「煮る」って意味ですが「烹される」で使われた場合、その意味は「(或る人に)使い捨てられる」でした。「狡兎死して走狗烹らる」でも兎を獵/狩って使用価値を失くした犬は飼い主に烹/煮られ食べられますね。同じく「烹される」って言葉は或る人に使われ、使用価値が無くなったので捨てられるって意味。今でも使われているのかは微妙。私の知人とその周りの人の隠語だったのかも知れませんね。
俗語と隠語の世界は広くて深いものですからね(笑)

신고
Posted by Lynn*

티스토리 툴바