'五体不満足'에 해당되는 글 1건

  1. 2009.09.18 Swedish ver. of [Go tai fu man zoku]
Scrap/Artiklar2009.09.18 21:16
Artikel : Mikaels nästa mål: köra motorcykel (DN)
Det finns en bok som heter [go tai fu man zoku (på japanska menar det ungefärligt "armlös, benlös")] av Ototake Hirotada (som är verkligen armlös och benlös som Mikael Andersson) publicerades för ca. 7-8 år sedan i Japan och det översätts till koreanska också. Denna artikeln påminner mig om den boken och efter läste jag den artikeln kände jag mig som är "armed, legged but hoppless".
Det är vad jag skrev. Utifall att om nån undrar. :p

왠지 서평은 DN에서 일반 기사는 SvD에서 긁어모으는 것 같은 본인......
오늘 긁어온 것은 Mikael Andersson 이라는 스웨덴 사람이 쓴 'Armlös, benlös men inte hopplös (Armless, legless but not hopeless)'라는 책의 서평이랍니다. ...한국어가 예쁘게 만들어지지 않아서 포기. 같은 이유로 일본어도 포기. 그냥 영어로 이해합시다. 다들 영어는 잘 하시죠? <어이


제가 이 책을 보고 뭘 가장 먼저 떠올렸을까요?

당연한 얘기겠지만, 제가 중고교? 시절에 번역되어 엄청난 화젯거리가 된 오토타케 히로타다씨의 [오체불만족] 이라는 책입니다. 네... 뭐 타이틀에서부터 이미 폭로되어있지만 말이죠.

기사 중간에 :
Jag ville leva ett självständigt och värdigt liv, inte vara beroende av andras välvilja och godtycke. Det var mitt mål och jag släppte det aldrig.
저는 자주적이고 강렬한 삶을 살고 싶었어요. 단지 다른사람들의 친절함과 독단에 의지해서 사는 게 아니라 말이죠. 그게 제 목표였고, 단 한번도 포기한 적이 없답니다.

라는 Mikael 씨의 말이 인상적이었습니다.

대충 살고 있는 본인, 반성합시다.
음. 뭐 기사를 읽어보면 대략 [오체불만족]과 크게 차이 없는 내용일 것 같아요. 물 론 워프로 얘기라든가 수영장 얘기라든가 그런 것 까지 일일히 같을 수는 없겠지만, [본인의 의지] 라든가...그런 점에 있어서 말이죠.


...이렇게 빛나는 사람을 보면
몸이 성한데도 불구하고 인생을 낭비하고 있는 제 자신이 잉여인간에 다름아님을 뼈저리게 느끼곤 합니다.


저 제목을 뒤집으면 꼭 제 상태네요.
Armed, legged but hopeless.

반성하겠습니다.





なんか書評はDNから普通の記事はSvDから集めてるような自分……
今日スクラップして来たのはMikael Anderssonと云うスウェーデン人が書いた'Armlös, benlös men inte hopplös (Armless, legless but not hopeless)'と云う本の書評です。…韓国語を綺麗に作れなくて辞めます。同じ理由で日本語も辞めます。まぁ英語で理解して下さい。皆英語は上手ですよね?<おい


私がこの本を見て何を真っ先に思い浮かべたのでしょうか。

当たり前なんでしょうけど、私が中学高校時代?に翻訳され凄く話題になってた乙武 洋匡(おとたけ ひろただ)さんの「五体不満足」と云う本です。はい…もうタイトルからもろバレなんですけれどね。

記事の中で :
Jag ville leva ett självständigt och värdigt liv, inte vara beroende av andras välvilja och godtycke. Det var mitt mål och jag släppte det aldrig.
私は自主的で強烈な人生を生きたかったんです。ただ他人の優しさや恣意に頼って生きるだけじゃなくてね。それが私の目標で、たった一度も諦めた事はありません。

と言ってたMikaelさんの言葉が印象に残りました。

中途半端に生きている自分、反省しましょ。
うん、まぁ記事を読んでみたらほぼ「五体不満足」と内容面では変らないと思います。も ち ろ ん ワプロの話とかプールの話とかそんな事まで一々同じ筈は無いと思いますけど、「本人の意思」とか…そんな面ではね。


…こんなに輝いてる人を見てると
身体が欠けてないのにも関わらず人生を無駄に費やしている自分が駄目人間に過ぎないって事を骨身にしみる程に感じます。


あの本のタイトルを引っくり返したらそのまま私の状態ですね。
Armed, legged but hopeless.

反省します。

신고
Posted by Lynn*

티스토리 툴바